指導観

なぜ中学受験をするのか。

なぜ、中学受験をしようと思ったのですか。

この質問に対する答えをお持ちですか。
どうもワタリイヌヤです。

★難関国公立・私立大学に進学できる

★我が家にあった教育方針のもと6年間学べる

★学校設備の充実と学校行事の豊富さ
上記3つが私がよく聞くものですが、

実は、この質問に正解はありません。

明確な理由を親子でしっかり共有できて

いることが重要だと考えています。

この明確な理由の有無が合否に大きな

影響を与えるといってもいい。

前回書きましたが中学受験というのは

思いのほかお子さんに負担を強いるものです。

それを乗り越えるためには
親子で共有している明確な理由
が必要です。そしてそれは、
断固たる決意
につながるものになるのです。

この記事を書いた人

ワタリイヌヤ
ワタリイヌヤ
1972年 東京生まれ、大学卒業後、四谷大塚系列の塾にて主に基礎クラスを担当。いかにして、国語を自力で解けるようにするかを日々研究。

2005年 ブログを通じ、山本ヒサオ'代表と知り合い、国語へのアプローチの仕方に共通のスタンスを感じるとともにメソッドに共感し、「国語の森」東京本部校に参加。

2006年 入試国語専科「国語の森」新宿校塾長、および「国語の森」首都圏統括本部長就任。


2007年 地元港区三田に「個別指導 飯田塾」・「国語の森」三田校を開校。

2010年 エール出版社刊「大逆転の中学受験国語」を共同執筆。要約RPG「ヨウヤクモンスター」の要約を執筆・制作。入試国語専科「錬の国語」東日本エリア統括本部長に就任。

2013年 エール出版社刊「マンガでわかる 入試国語力をつける奇跡のメソッド」を共同執筆。

-指導観
-, , ,