ご家庭での国語指導のヒント

学習法

ご家庭での国語指導のヒント

ご家庭で国語指導をなさっている保護者の方々に、一つだけ指導上達のヒントを。

小学生は理屈じゃないんですよね。

とにかく根気よくやること。

子供がブチ切れても、こちらからは絶対にキレないこと。

子供ですからね。相手は^ - ^

とにかく寄り添うことです。言葉を知らないのは、人間社会にまだ慣れていない、半人前だから仕方がないと、それを認めてあげる。

そう思って目線を合わせて、相手を信じる。

するとね、ちょっとだけスキマ開けて、こっちを見てくれる時があるのです^ - ^

そこを絶対逃さないで、認めてやる。

とにかくオーバーに、いい時は褒めるし、ダメな時は何にも言わない。

その繰り返しなんですね。

あとは各自、その場面に遭遇して、その子がどうしたら伸びるのか、考えてあげてください。

私は、まさにそこで指導者のイマジネーションが試されると思ってるわけですよ^_^

この記事を書いた人

山本 ヒサオ'
山本 ヒサオ'
1969年生。
本名、山本尚志 (やまもと ひさし)。
東京学芸大学芸術文化課程書道専攻卒。
在学中から高校生に「入試に勝たせるための」英語学習法を確立することを決意。
大手個別指導塾の教室長勤務ののち’95独立。
現在まで「個別指導ジール」山本ヒサオ'塾長として、十数年間広島と日本各地で個別指導を実施。
著書に'06.4.「ヒサオ'の英語」(南々社)、'07.7.「秘伝のセンター英語」(エール出版社)がある。

-学習法
-