指導観

自力で解ける喜びこそ真の力

オリンピックに甲子園

見ていますと努力をすることの

尊さを痛感しますね。

どうもワタリイヌヤです。
皆さんは自転車に乗れますか???

自転車にはじめてまたがって、

次の瞬間、乗れたという人は

少ないのではないでしょうか??

転んでひざをすりむいて、

それでも立ち上がって練習を

して乗れるようになったのでは??

自分ひとりで乗れたときの喜び

覚えてますか???
誰かに言葉で説明されたものじゃないですよね

自分で体感して得たものですよね?
国語の読解も同じです。

体感することが伸びにつながるのです

だれの手も借りず、自分の力でやれてる喜び、

伸びを実感する楽しさこそ成績UP に欠かせないものです。

そういうものを子どもたちに1日数時間で

感じさせてあげられることが私の喜びです

この記事を書いた人

ワタリイヌヤ
ワタリイヌヤ
1972年 東京生まれ、大学卒業後、四谷大塚系列の塾にて主に基礎クラスを担当。いかにして、国語を自力で解けるようにするかを日々研究。

2005年 ブログを通じ、山本ヒサオ'代表と知り合い、国語へのアプローチの仕方に共通のスタンスを感じるとともにメソッドに共感し、「国語の森」東京本部校に参加。

2006年 入試国語専科「国語の森」新宿校塾長、および「国語の森」首都圏統括本部長就任。


2007年 地元港区三田に「個別指導 飯田塾」・「国語の森」三田校を開校。

2010年 エール出版社刊「大逆転の中学受験国語」を共同執筆。要約RPG「ヨウヤクモンスター」の要約を執筆・制作。入試国語専科「錬の国語」東日本エリア統括本部長に就任。

2013年 エール出版社刊「マンガでわかる 入試国語力をつける奇跡のメソッド」を共同執筆。

-指導観
-,