学校紹介

芝中学の国語について

2016/07/21

毎日こう暑いと健康管理もままなりませんよね。
そして明日からはいよいよ夏期講習という方も
多いのではないでしょうか

どうも、ワタリイヌヤです。
今回は、東京港区にある芝中学の国語のお話しを少々。

ご存知とは思いますが芝中学の国語の問題は、
一昨年からオール記述になりました。

このオール記述という言葉に戦々恐々とした
親御さんも多かったようですし、今年も傾向継続とのことで
お困りのご家庭も多いようですね。
昨年。一昨年の第一回受験結果を見ると

国語は

【昨年】
全体平均・・・73.2点
合格平均・・・77.3点

【一昨年】
全体平均・・・72.2
合格平均・・・77.9

ここからみんなきっちり書く力をつけてきたということ
がわかると同時に
国語は、悪くとも7割は堅守しなければ、どんなに他科目が
できる子でも合格を取るのが厳しいの入試だった。

ということがわかりますね。
今年はもちろんのこと傾向継続とのことですから、これから
芝中学の受験を考える場合は記述力の養成は当然になりますね。
ただ、設問自体の難易度はけっして高くないですから、
正しい訓練を続ければ7~8割はそう難しい話ではありません。

肝心なのは正しい訓練を経て書く力がついているかです。
まずは、書けるという自信をつけることです。
その辺りはワタリイヌヤにお任せください。

この記事を書いた人

ワタリイヌヤ
ワタリイヌヤ
1972年 東京生まれ、大学卒業後、四谷大塚系列の塾にて主に基礎クラスを担当。いかにして、国語を自力で解けるようにするかを日々研究。

2005年 ブログを通じ、山本ヒサオ'代表と知り合い、国語へのアプローチの仕方に共通のスタンスを感じるとともにメソッドに共感し、「国語の森」東京本部校に参加。

2006年 入試国語専科「国語の森」新宿校塾長、および「国語の森」首都圏統括本部長就任。


2007年 地元港区三田に「個別指導 飯田塾」・「国語の森」三田校を開校。

2010年 エール出版社刊「大逆転の中学受験国語」を共同執筆。要約RPG「ヨウヤクモンスター」の要約を執筆・制作。入試国語専科「錬の国語」東日本エリア統括本部長に就任。

2013年 エール出版社刊「マンガでわかる 入試国語力をつける奇跡のメソッド」を共同執筆。

-学校紹介
-, ,