過去記事アーカイブス

受験国語の根幹を鍛える授業とは

どうも、国語の森・三田校・新宿校Sクラスの

ワタリイヌヤです。

さて、先日

国語の読解問題のやり方がわからず

迷っている子を救うのが私の役割だと

書きました。
では、どんなことをするのか

少しだけお話ししますね。

まずは基礎トレーニングです。

入試国語への興味付けとでも言いましょうか。

徹底的に「読み方」にこだわって指導します。

さて、「読む」という行為はどういうものか

少し考えてみてください。
どうですか?

私は「読む」というのは

「ある程度覚えること」だと考えています。

ここで大事なのは

「ある程度」

というところです。

読めているか否かは

この「ある程度」が頭にあるかどうかだと思います
それをできるようにするのがここでいう

基礎トレーニング

になります。

それを子どもたちが興味を

もてる形にしたのが

「三段階要約」

「読み聞かせクイズ」

なのです。

これらでしっかり

文章を読めるようにする

ことが最初の狙いです。

国語の根幹を鍛えるのが私の授業の

第一段階です。

ワタリイヌヤ

国語の読解問題を解く

(※当記事は過去にブログなどに掲載し反響を呼んだものを厳選して再掲しています)

この記事を書いた人

ワタリイヌヤ
ワタリイヌヤ
1972年 東京生まれ、大学卒業後、四谷大塚系列の塾にて主に基礎クラスを担当。いかにして、国語を自力で解けるようにするかを日々研究。

2005年 ブログを通じ、山本ヒサオ'代表と知り合い、国語へのアプローチの仕方に共通のスタンスを感じるとともにメソッドに共感し、「国語の森」東京本部校に参加。

2006年 入試国語専科「国語の森」新宿校塾長、および「国語の森」首都圏統括本部長就任。


2007年 地元港区三田に「個別指導 飯田塾」・「国語の森」三田校を開校。

2010年 エール出版社刊「大逆転の中学受験国語」を共同執筆。要約RPG「ヨウヤクモンスター」の要約を執筆・制作。入試国語専科「錬の国語」東日本エリア統括本部長に就任。

2013年 エール出版社刊「マンガでわかる 入試国語力をつける奇跡のメソッド」を共同執筆。

-過去記事アーカイブス
-,