ゼロからわかる!大逆転のセンター英語講座

英単語を1時間で100個覚えるスペシャル講座(1)|ゼロからわかる!大逆転のセンター英語講座

2016/06/13

皆さんこんにちは、山本ヒサオ'です。

今日はですね、連載第2回目ということで、先日お伝えした「3つの大きな柱(単語・長文・得点の仕方)」

そのうちの単語についてお話をしたいと思ってます。

まぁ、単語100個を1時間で覚えるというのはいかにも大胆不敵な内容と思われるかも知れませんが、

これは案外、可能なんですね。

私が主宰している「全国縦断スーパー英語セミナー」の会場では、半日やって500〜800個くらい覚えるのは、ザラになっています。

まあ、みんな後がないからガリガリやるわけなんですけどね笑

でも、合格するためですから、これは仕方ない。頑張りましょう!(^◇^)

もちろん、この場合、個人差もありますから、生徒によっては、100個覚えるのに、70分かかる場合もあるし、90分近くかかることもあります。

しかしながら、そういった場合にだって、その差は数十分程度ですから、気にしないことです笑

では、いよいよやり方の説明です!

まずは、下のバナーをクリックしてください!やり方が全て載っています。なんと、公開しているんですね(^∇^)

http://www.gakushuhou.com/modules/eigo/index.php?content_id=6

このやり方で、どれだけ覚えることが出来たか?よければ、こちらのコメント欄でも、メッセージでも、ページにあるように

ミス数/100

を書いて送ってみてください。

ちなみに「100個覚える」の定義は、ターゲット1900を赤いスライドシートを使った口頭テストで、ミスが9個以下になれば合格です。

100個で物足りない人は、1-100の通しテストを行った後

101-200を20個ずつピラミッドして

1-200の通しテストを行ってください。通しテストは必ずピラミッドをした当日中に行うのがコツですよ〜(^∇^)

次回は、長文スラスラメソッドの第1回目でーす!

この記事を書いた人

山本 ヒサオ'
山本 ヒサオ'
1969年生。
本名、山本尚志 (やまもと ひさし)。
東京学芸大学芸術文化課程書道専攻卒。
在学中から高校生に「入試に勝たせるための」英語学習法を確立することを決意。
大手個別指導塾の教室長勤務ののち’95独立。
現在まで「個別指導ジール」山本ヒサオ'塾長として、十数年間広島と日本各地で個別指導を実施。
著書に'06.4.「ヒサオ'の英語」(南々社)、'07.7.「秘伝のセンター英語」(エール出版社)がある。

-ゼロからわかる!大逆転のセンター英語講座
-